茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です

少し前,霞が関で複数予定が入っていたときに,
次の予定まで時間があいたときがあって,
東京地裁で法廷傍聴をしてみた。

久しぶりに,自分と同業者の仕事ぶりを,客観的に見た。
弁護士の仕事のうち,法廷に立つ時間は,ごく一部だけれど。

同時に,自分の仕事ぶりを振り返ったりもした。
日ごろ,仕事に追われていると見えないことが,見えたりする。

全然,満足な仕事ができていないと実感する。

弁護士になった今,このブログを,弁護士としての小室光子を検索して
見て下さる方も多いことは承知している。

だから,こんなこと書いて,「営業的」にどうなのかと思わなくもない。

けど,私は,
このブログを,弁護士,法律事務所の広告の意味で書いているわけではない。
ここは,長年,あくまで「超個人的」記録として書いているものだから。

私は,背伸びせず,できない無理はせず(できる範囲の無理はする),
初心を忘れずに仕事をしていきたい。
2015.11.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/2183-59b0ad55