茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です

私は1967年(昭和42年)生まれ。
日本の人口構成がどうなのか,正確にはわからないけど,
テレビコマーシャル等の広告媒体を見ていると,
この世代をターゲットにしてるなあって思うことが最近(?)多い気がする。

たとえば,ビールや発泡酒のコマーシャルや,車のコマーシャルで,
1980年代に流行していた曲が使われていたりする。
それどころか,携帯電話関係のコマーシャルでも,ほぼこじつけで
1980年をネタにしていたり(笑)
要するに,80年代あたりの「はやりもの」に反応する,私を含めた
同世代は,今まさに,消費のボリュームゾーンなのかなと思う。

いわゆる「大人」?

自覚はないけど(生き方や考え方は,18歳くらいからあんまり変わらないし),
さすがに息子がもうすぐ22歳になるので,世の中,代替わりしているんだよね,
とは思う。

私が息子を生んだのは22年前。(思えば22年前の明日の朝,陣痛が始まり,
夕方には本格的な感じになり,48時間かかって,7月7日に生まれた。)
私が生まれた昭和42年を22年さかのぼると,昭和20年,終戦の年。

息子が生まれたときのことなんて,ほんと,手に取るようによく覚えている。
そりゃ,日々は今の日常を生きていて,いちいち何か思い出すわけではないけど,
何かの瞬間に,思い出すとすれば,それこそ,昨日のことのように思い出すことができる。

私が生まれたころにはまだ,あの戦争は,そのくらい身近なことだったんだ,と思う。
2016.07.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/2197-b6221a35