茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
昨日は関東弁護士会連合会の,外国人関係委員会の交流会だったよ。
今年は茨城県が担当で,筑波山江戸屋での開催。紅葉が見ごろ。

入管関係の事件は,私が弁護士として力を入れている分野のひとつ。
色々と問題はあるけれど,特に問題だと思うのは,
不法滞在者の収容があまりにも簡単に行われているという事実。

刑事事件を起こしたと疑われる人の逮捕のときは,現行犯等の場合を除いて
裁判所が令状を発布しないと身体拘束はできない。

外国人不法滞在者の場合は,逮捕と同じく
身体拘束という重大な人権侵害を伴うにもかかわらず,裁判所が関与しない。
これはおかしいと思う。


追記を閉じる▲
色々と問題はあるけれど,特に問題だと思うのは,
不法滞在者の収容があまりにも簡単に行われているという事実。

刑事事件を起こしたと疑われる人の逮捕のときは,現行犯等の場合を除いて
裁判所が令状を発布しないと身体拘束はできない。

外国人不法滞在者の場合は,逮捕と同じく
身体拘束という重大な人権侵害を伴うにもかかわらず,裁判所が関与しない。
これはおかしいと思う。

【2016/11/20 10:43】 | お仕事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック