FC2ブログ

弁護士小室光子の記録です

過去に書いているかもしれないけれど,私は
高校のとき,弓道部に入って,高校2年生までの2年間,
生活の中で最優先は,弓だった。

2時間目ころには教科書を立てて早弁をし(先生,ごめんなさい),
お昼休みは弓道場をあけて,勝手に(ごめんなさい)練習した。
早朝,裏口からこっそり侵入して練習もしてた(ごめんなさい)。

都立高校で,学校の規則上,
(せっかく狭いながらも弓道場があるというのに)
週に3日しか部活はできなかったから,部活のない日や,
定期試験の前とかで部活のないときは,地元の弓道場に通った。

そのくらい,弓道が大好きだった。
なんで弓道部に入ったのかは,今となっては
あまり覚えていないけど,「アイコ16歳」の影響ではなくて,
高校に入ったときの部活紹介で,単純に,袴姿がかっこいい,
と思ったことだったように思う。

中学生のときはバスケ部だったので,バスケ部も考えたけど,
当時あまり活発ではなかった(女子部員の数も少なく)ことと,
私自身,背も低いし,中学で全然活躍もできていなかったし,
なんか新しいスポーツをやりたいなとか思ってたのもあったかな。

で,なんか,ものすごく,はまったんだよね。弓道。
大学に入ってからも,一度は体育会の弓道部に所属したけど,
流派が違ったことと(早稲田大学。日置流。),その頃は
民間の劇団に入っていて,舞台女優になりたいと思っていたから,
そっちもこっちもはできない(当時,睡眠は2日に1度6時間程度だったな…)
ので,弓道からは離れたんだよね。

でも,ずっと,心の片隅にあった。弓道。
いつかは弓に帰る,そう思っていた。
漠然と,30歳過ぎたらまた弓を引こうと思っていた。

そしたら,20代後半で出産,離婚,その結果の司法試験だもんね(笑)
まったく,弓に戻れるタイミングはなかった。

もうすぐ51歳。
おかげさまで,ようやく,弓に戻れる予感。
もちろん,趣味としてだけどね。

好きなことをして生きていきたい。
それが可能なように,仕事も頑張るし,体力も維持したい。

50歳を過ぎて,そんなことを思っています。
2018.06.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/2237-21062087