茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
前にも書いたような気はするけど・・・
予備校の答練を受けすぎないほうがいいと思う。

私は択一に5回も落ちたからね。
1回目のときは、確か1度も合格推定点を超えなかった。
本試験は4点差で落ちた。

2回目は何度か超えたけれど、本試験ではダメだった。
5回目まで毎回、3点以内の差で落ち続けたってわけ。

当然、答練で合推を取れる回数は年々増えていった。
でも本試験ではダメ、ということが続いて・・・。
何で?何で何で???って思ってた。

落ち続けると、答練で合推を取り続けたくなるんだよね。
「合推を超えた」という安心感を得たくなる。
それが本試験で合格することの保障になるかのような
誤った認識、錯覚に陥る。

去年の3月、つまりブログを始めた頃から、
ようやくその間違いに気がつき始めた。

去年は秋(一昨年の秋)から60問の答練も受けてたし、
3月からは2校かけもちで結局20回くらい受けて、
それでようやく、これっておかしいんじゃないか、って
気がついた。何ムキになってんだろ、みたいな。

でもその年はもう修正不能だから、そのまま行って、
合格点ぎりぎりで、やっと択一に合格はした。

決して、答練を受けまくったから合格したのではない、
ということは私自身がいちばんよくわかっていた。

だから今年は、答練は最低限にして、過去問を重視した。
(といっても過去問はすでに飽きるほどやっているので、
1回、回した程度だけど・・・・)あとは条文、判例。
それで、合格点+3点で合格した。

過去問も十分にやってて、答練でも半分以上くらいは
合推を取れるのに、本試験では合格したことがない、
もしそういう方がこれを読んで下さっていたら、
声を大にして言いたい。
(そのつらさは、私もよく知っているから)

安心するために答練を受けまくるのだけは、
やめたほうがいい。

 コメント
この記事へのコメント
参考になります。
自分は、今年は択一模試は直前の時間配分把握のみに絞ることとしました。
その理由は、心理的なものよりも「問題の出来が悪い」ことにあります。
三年目にしていまだ択一突破ができない自分が述べるようなことではないと思いますが、参考書の読み込みこそが効果的であるというのが、現在の感想です。
2006/11/04(土) 22:48 | URL | white_bear #-[ 編集]
過去門ですか?
僕は今年は過去門に戻ろうとセミナの過去門を買ったんですが、ランクとか年度とかど外視して全て解かれたんですか?

めんどくさなのでシーランクとかいらねって飛ばして解いてます(>_<)
2006/11/04(土) 22:56 | URL | レック生 #-[ 編集]
同感です。
択一対策は過去問ベッタリが一番だと思います。
予備校模試は、本試験で聞かれないような思考や細かな知識が聞いてくるので、ミスリードですよね。
予備校模試は時間配分の調整程度に利用して、とにかく過去問ぐるぐるがいいと思います。
2006/11/04(土) 23:50 | URL | 黒ひょう #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/11/05(日) 00:28 | | #[ 編集]
やはり過去問ですね。
 自分も1年目にI,T,Wと答練を受けまくり、結果は不合格。とにかく受けすぎて復習もままならず、過去問も中途半端だったと思います。
 2回目からは答練をTに絞り、過去問ばかりをやるようにしています。
2006/11/05(日) 15:22 | URL | 釣師 #-[ 編集]
white_bearさん、ありがとうございます。
やはり予備校の問題には限界がありますから、時間配分の練習に使うというのがいちばんいいでしょうね。
私も今年は、超直前に情報シートを読んだことがよかったです。


レック生さん、過去問は全部、解きました。
私は辰巳の通年度版を使っていたのですが、何も考えずに最初から解いていきました。
もっとも今年に関しては、さすがに没問とか最早出題はありえないだろうと思えるような問題は飛ばしましたが^^;


黒ひょうさん、ありがとうございます。
やはりそうですよね・・・。ここ1~2年は、「これはいらない知識だ」と判別できるようになりましたが、初学者のころはいちいちキチンと復習したりして大変でした・・・。


秘密コメントくださった方、メールさせていただきました^^


釣師さんも同じ失敗経験者でしたか!
でも2回目から修正なさったのですね・・・・すばらしい。
私は6回目の受験を前にしてようやく気づいたというおバカっぷりです(恥)

2006/11/05(日) 16:41 | URL | mico #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/250-05c5993e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック