茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんていうタイトルを見たら、
ぎょっとするよね。

でもこのタイトルは、私が中学1年生のとき
「弁論大会」に向けて書いた文章のタイトル。

自分で決めて、自由に何でも書いていい、
ということだった。

これを書いたのは、(前にも書いたことがあるけど)
ちょうど仲良しグループから完全に無視されてた時だった。

書き出しは、確かこう。
「人は何のために生きるのか、
そう考えたことはありませんか。
毎日がつらい、もう生きていたくない、そう思いながら、
どうして生きていかなければならないのだろう、
そう思ったことはありませんか。」

クラスの代表に選ばれて、体育館で舞台の上で弁論した。
そのとき、私を仲間はずれにしていた中心の女の子が、
いちいち
「そう考えたことはありませんか」→「ねーよ」
「もう生きていたくない、そう思いながら」→「死ね!」
と大声で反論していた。

先生は見かねて、制止してくれたけどね。

今はもう、笑い話にできるし
(だって笑えるでしょ。ちゃんと弁論大会に出席して、
一応話を聞いているからこそ、野次れるんだもんね・・・)
思い出すこともほとんどない。
(最近のいじめ自殺のニュースで思い出しただけ)
けど、当時の私は、死ぬほど苦しかったような気がする。

ちなみにこの弁論の結論は、
「生きている意味は死ぬまでわからない。
だから私は、そのときまで自分を見失わず、
自分が生まれ、生きている意味がわかるために生きていく」
みたいなことだったと記憶している。

今、苦しい子どもたちがここを見ることはないかもしれないけど
やっぱり言いたい。

どんな苦しいことでも、生きている限り、必ず過去になる。
そして過去になったときには、新しい暮らしがそこにあって、
また別の苦しみがあるかもしれないけど、それでも絶対、
「苦しいことだけ」で一生が終わるなんてことはない。

頑張るのに疲れたのなら、もう頑張らなくていい。
頑張らなくたって、生きていけるんだよ。
頑張らないことは必ずしも悪いことじゃないよ。

逃げたっていいんだよ。
逃げないといけないときだってあるでしょ。


人は何のために生きるのか、
最初に自ら問いかけてから、もう25年以上になるのか・・・。
残念ながら、40歳近くになった今でもわからない。

やっぱり、死ぬときまで(死んでからも?)、
自分が生まれ、生きた意味など、わからないんだろうな。


 コメント
この記事へのコメント
 そうですね。

 私も同じ思いでがあります。

学校は、死ぬきになるまでゆくものでは無いと。

 大人になってもイジメはあるけど、子供の狭い学校の世界で、暴力や、金銭を巻き上げる恐喝行為が許されるはずがない。

 こどもであっても、小中学校であっても警察の介入が有っても良いと思っています。

 元大阪市助役だった大平光代弁護士が自分の本の中で、自らのイジメの体験を語っておられました。
 イジメは防ぐ事は難しくても、それが起きた場合に適切に対応することは可能だと思います。

 将来が大きな人の一生を滅してしまうイジメなどこんな大きな人権侵害などがあるものでしょうか。

 私も中学の時、及び今の勤務先の弁論大会に出ました。目立ちたがり屋なんですね。

 この理不尽な現実を、どうにも出来ない自分がもどかしいです。

 
2006/11/12(日) 23:17 | URL | DAKARA #ejL58bjI[ 編集]
DAKARAさん、コメントありがとうございます。
先日、いじめをしていた中学生数人が逮捕されましたね。
暴行して怪我をさせたそうですから、傷害罪になるわけで、当然ですが。
でも実際は、怪我をさせても学校内だけで解決しようとする場合が多いですよね・・・。
こういう対応が、ますます子どもたちを「自分の世界はここしかないんだ」と追い詰めることになると思います。
おっしゃるように、学校側はいじめが起きないようにすることよりも、まず起きている現実に適切に対処することを考えてほしいですね・・・。

2006/11/13(月) 12:53 | URL | mico #-[ 編集]
こんにちは。
わたしもありますよ、いじめられた経験。それも結構長かったです。
小4~中1ぐらいかな?しかも5年生のときは塾でも学校でも、という悲惨な状況でした。
でも今は友達もいっぱいいるし、笑って話せますけどね。
私もそのときはやっぱり死にたいとか考えたけど、実行しなかったのは親のおかげかなって思います。
私が死んだら親が生きていけないだろうなって思って…
それぐらい、親が自分を大切に思ってくれてるのを感じてたんで、どんなに辛くてもそれだけはしないって思えました。
小・中学生ぐらいの年齢ってまだまだ世界が狭いから、今の環境がすべてだって感じるのは仕方ないと思います。
だからこそ、そのときに親が子どもにどんなメッセージを送るかで、その子の未来は変わるんじゃないかなって気がします。
2006/11/13(月) 17:26 | URL | あいこ #-[ 編集]
あいこさん、コメントありがとうございます。
ずいぶん長い期間、つらい思いをされたのですね・・・・。
自分が属するどこかでつらい思いをしていても、ほかの居場所があれば、どうにかやっていけるものかもしれません。
それが、あいこさんの場合は家庭(親)だったのですね。素敵ですね^^
私は家庭にも居場所がなかったのですが
(今思うとそうでもなかったのかもしれませんが、子ども心にはそう思っていました)
部活動に居場所がありました。
今は母親として息子に対し、普段から、
絶対にあなたを守る、というメッセージを伝え続けたいと思っています。
2006/11/13(月) 20:49 | URL | mico #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/11/22(水) 14:11 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/256-9f4f6f62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。