FC2ブログ

弁護士小室光子の記録です

ご質問いただいたのをきっかけに
(メール頂いた方、ありがとうございます)
択一対策としての憲法判例のことを書こうと思う。

あくまで、択一に5回も落ちた後、
2回合格しただけの非実力者の話です。
その辺は差し引いて読んでね^^;あ、でも今年の憲法は18点でした


択一憲法は判例百選を読み込んでいれば8割は取れる。
・・・なんてことは言い古されてるわけで、
問題は「百選を読み込むってどういうことよ?」だよね。

勿体つけたみたいで申し訳ないけど、
私の場合は、ただひたすら読んだだけ。
トータルで言ったら10回は読んでる。
(受験期間が長いからなぁ・・・・・)

最初は、よく言われているように、事案と判旨だけを読み、
そのうち解説も読むようになった。

解説には、その判例で問題となった論点について
これまでの判例の流れとか、事案の背景を書いているものも
あるので、そういうのは点数に結びつくと思う。

もちろん全ての解説がそうではないので、1度読んで、
別に点数には結びつかないな、と思ったものは、
その後は読まないことにしたけど。

あと今年とかは、超有名判例のいくつかについては
全文をダウンロードして読んだりもした。
・・・けどこれは択一で点を取るためには別に必要ないと思う。
すごく面白いし、勉強にはなったと思うけど。

そんな感じで何度も読んでいるうちに、択一直前期には、
名前がついているような判例については、大体こんな事案で
こういう結論になった、判旨ではこういうことが書いてあった、
くらいはいつでも人に話せるようになってた(と思う)。

何でもそうだけど、感情が動いたことって記憶に残るじゃない?
だから判例を読むときも、感情移入するといいのかも(笑)
「何こいつ」とか「かわいそう・・・」とか。


いつもながらあんまり参考にならなくてごめん。

2006.12.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/273-83037440