茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です

かねてから噂でしたが・・・・

こんなのってどうよ?
やっぱりちょっとねえ・・・とは思うよね。
旧司法試験に関しても、受験生の間ではよく
噂になっていたことではあるけれど。
慶應の先生から論文問題の情報が漏れる、って。

でもね。
それを聞いていても、落ちる人は落ちるんだし、
そんなもん、全然知らなくたって、受かる人は受かる。

そして、それを聞いて(そこだけ勉強して)受かった人と、
聞いてなくても受かった人、将来においてどっちがいい?
たとえば両者が弁護士になったとして、自分が依頼するなら
どっちの弁護士を選ぶ?

それにさ、こういうことが報道されちゃって、
今年慶應から合格する人にもいい迷惑だと思う。
一般国民からは、
「慶應ですか。問題、事前に知ってたんですよね」
って思われても仕方がないと思う。

ローにいて、司法試験委員の先生の授業があれば、
そりゃあ、受験に有利な情報を聞き出したいと思うのが
受験生心理として当然だと思うし、おそらく、
ローの先生としては、自分のローから、1人でも多くの
合格者を出したいと思うのが、人間としても自然の感情だと思う。

それでもね。私は、やっぱりいつも、いつでも、
最後までフェアでいたいと思う。
ズルしていい結果を得るよりは、
かっこ悪くても、ズルくないほうがいい。

(注:これまでの人生において、色んな意味で、私は
ズルいことをしたことが全くない!とは言いません^^;)
コメント
おはようございます。
今回の件は受験生(当事者)としては悲しいです。もう怒りを越えたのかも?ローの3年間では、少ない人でも500万円以上、中には卒業するまでに1000万円近い借金を背負う人もいます。特に一期未修生は会社をやめてこの新制度に挑戦している人が多いですから、そういう人達からみれば、人生かけたこの試験でこんな不公平な話があっていいのか耳を疑います。
どうしてこんな単純なことが教授は分からなかったのだろうか。いくら我が校の生徒がかわいくても、他を殺していいわけではないんだから、公平に試験に臨んで欲しかったなと思います。はぁ。

とりあえず事態の推移を見守ります。
2007/06/24(日) 04:33 | URL | goukaku555 #-[ 編集]
俺としては腕のいい医者を選ぶ
じゃなかった、弁護士を選ぶ(検事や裁判官は選べるの?)

まぁ、誤って刑を食らう人もいれば(まともに通ったとされる奴らに食らわされたのだろう)

まともな教育を受けていても受けてなくても、年を食っていても(ここがミソ)、事実や証拠を挙げないで勝手なことを言う奴が多々いる

使う側に立てば
その場、その時に、本当に役に立ってくれるようになっていてくれば、過去に大きな傷があっても問わない

ちょっと視点が違っても怒らんといてね




2007/06/24(日) 09:53 | URL | お水さん #-[ 編集]
goukaku555さん、そうですよね・・・。
でも哀しいことに、今回はたまたま公になってしまっただけで、
今までもたぶん、大なり小なり、そうだったんでしょうね。
過去数年については、具体的に、聞きましたし。
なんていうか、私はいわゆる「エリート」として脇道を見ずに来た人間ではないので、
(むしろウラのほうを見てきた人間です)
この人たちの精神構造には、心底、ぞっとします。
そういう情報が入るなら慶應に行きたい、と思う受験生も含めてです。
goukaku555さんは、正面切っての合格を果たされると思います。
そういう人が身近にいることを、誇りに思います。


お水さん、そうですね・・・。
一般国民から見たら、むしろ、過去の経歴なんか、
どうでもいいことですよね。
うん。確かに検察官や裁判官を選ぶことはできないし。
私なんか、検察官と警察官の区別もわからないで
30歳くらいまで生きてきたからさ、その感覚を思い出せば、
べつに入り口の試験でちょっとした不公正があったからって、
それが何よ、って感じかもしれないな。
今、腕がいいなら、そっちのほうがいいや、って。
過去に大きな傷がある場合ね、
それをプラスに転化できてる人ならいいと思う。
そういう人は、傷を知っている分、人の痛みもわかるから。
けど、「単に汚れただけ」の人は、やっぱイヤだ。
そんな人は、同じように汚れた意味での使い方を欲する人には
ありがたいだろうけど、そして私はそれを否定はしないけど、
でもやっぱり、自分がそうなるのは、イヤだ。
2007/06/24(日) 22:58 | URL | mico #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
どうぞよろしく

茨城県牛久市の弁護士小室光子です。
(茨城県弁護士会所属)

弁護士法人こむろ法律事務所
〒300-1234
茨城県牛久市中央5-13-19
電話:029-875-8462
FAX:029-875-8463

ご連絡は下記「お問い合わせ」からも受け付けております。

交通事故等の一般民事事件はもちろん,家事事件,外国人の方からのご相談,刑事事件にも力を入れています。

相談料は,1回5,400円です(消費税込。1回30分が目安となりますが,30分を過ぎても追加料金は頂きません)。
資力に不安のある方には,民事法律扶助(一定の資力要件を満たせば,相談料が無料になる等の援助制度です。)をご案内していますのでお申し出ください。


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
カテゴリー
これまでの記録
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -