茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母が今、抗癌剤の治療を受けているわけだけど。

テレビドラマとかで、よくあるじゃない?
頭に手をやって、束になって抜け落ちる髪を見て
ショックを受ける主人公、みたいな・・・。

まさに今、その状態なのよ、私の母。
本人も、私も、説明を受けてわかっていたことだけど、
やっぱり本人はショックみたい。年をとっても女性だしね。

他の副作用は、薬である程度抑えることが可能だけど、
こればっかりはどうしようもなく、
「また生えてくるんだから・・・」とか
「治療がうまくいっている証拠だよ!」とか言うしかない。

それにさ、
「医療用ウィッグ(かつら)」ってのがあるんだけど、
これがまた高いっ!安いのでも16万円くらいするんだよ。
レンタルでも半年で5万円程度・・・・・。
需要も少ないだろうし、手間もかかるから、
無理もないんだろうけど。
 コメント
この記事へのコメント
癌て、非常に矛盾に満ちた病気ですよね。

ウィルス等の病原体が原因で起きる、他の病気とは異なり、癌細胞は人間自身の変異した細胞。
とすれば、その増殖を止めるには、当然人間としての本来の営みにも影響が出る。

生命と頭髪を天秤にかければ、結論は頭では分かっていても、特に女性にはなかなか受け入れ難い事実ですよね…。

とりあえず、鏡など姿が映る物を、身の回りから遠ざけてあげるのが良いかも知れませんね。

2007/08/30(木) 03:54 | URL | ひでぽん #-[ 編集]
ひでぽんさん、どうもありがとう。
ほんと、矛盾に満ちた病気ですよね~。
治療で同時に自らを傷つけざるをえないわけで・・・。
命か髪か、現状に不満を言えば、そのはかりにたどり着くことは自明。
だとしたら、うまく乗り切る知恵を得る必要がありますよね。
そういえば、母が入院している階(癌の患者さんばかり)には鏡がほとんどないです・・・。
2007/08/30(木) 21:47 | URL | mico #-[ 編集]
毎日違うバンダナをして気分転換というか、前向きな気持ちになろうとする人もいるみたいですね。

そんな感じのいいアイデアがあるといいですね。
2007/08/30(木) 21:56 | URL | tomoyacchi #-[ 編集]
tomoyacchiさん、どうもありがとう。
幸い今は、100円ショップでもバンダナの種類は豊富なので、
色々買ってあげようと思います。
(超安上がりな親孝行?)
2007/08/30(木) 22:33 | URL | mico #-[ 編集]
そう言えば、以前黒沢年男が抗癌剤治療をしていた時、寂しくなった頭部を隠すため、すっぽり被れる毛糸の帽子(スタコラが冬に被っているみたいなの)を着けてましたね~。
そのまま今でも被っているので、気に入ったのかも(^-^)?

キュートな帽子(ピンクの毛糸とか)等も良いかも知れないですね。

2007/08/31(金) 01:26 | URL | ひでぽん #-[ 編集]
ひでぽんさん、ありがとー♪
なるほど、あれね。これからだんだん寒くなるし、いいかも。
妙な派手派手ばあちゃんにならないか、
そこはちょっと不安だけど・・・(笑)
2007/08/31(金) 22:37 | URL | mico #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/456-e1055485
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。