FC2ブログ

弁護士小室光子の記録です

今日は、「民事訴訟実務の基礎」の先生が企画して下さった
東京地方裁判所の見学会に参加してきたよ。
法廷傍聴と、ラウンドテーブル方式の部屋や書記官室、
裁判官室の見学、質疑応答、といった内容。

私、民事の法廷傍聴は初めてだったのだけど、想像以上に
面白かったわ~(あくまで勉強になったって意味ね^^;)
原告側が申請した証人に対する、被告側からの反対尋問のとき、
原告側の弁護士が「もう答えているでしょう!誤導になりますから!」
って気色ばむ場面もあったりして。

傍聴人が多い(ウチのローから学生15人が参加してる)から
サービスでやってくれてるのか!?とさえ思ったけど(まさか・・・)
どうやらそういうキャラの弁護士さんだったらしい。

裁判の傍聴自体は、誰でもいつでも勝手にできるわけだけど、
書記官室や裁判官室に入れてもらえたのは興味深かった。
書記官室は、フツウの企業のワンフロアって感じ。
その奥にあるのが裁判官室。
壁一面が本棚になってて、たくさんの専門書が並んでいる。
真ん中に4つの大きめの机が向かい合わせで置かれてて、
(一般的には3つらしい)それぞれ、裁判官の机ってわけ。

端のほうには、修習生用の机も2つ並んでいた。
法廷でも、「司法修習生」という札が置かれた席(法段の上)に
第1回の新司法試験で合格された修習生の方がいた。

あ~、早くあの席に座りたいものだね。




2007.09.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/466-0c3a32d3