リアル合格者
2007/09/14(Fri)
今日は午前中に、法職の講座を市ヶ谷別館で受講。
帰りに近くのお店で友人とランチしていたら、
隣の席の男性4人組が、どうやらウチのローの新司合格者のみなさま。
そうとわかったらいきなりその空間に後光が差した気がしたよ(笑)

ちょうど別館で「合格者業務説明会」っていうのをやってたの。
たぶん、法職で行われる合格者による講座みたいなやつの説明会?
その流れだったんだろうけど。

ああ、やっぱいいよねえ、合格するってのは。
でも「羨ましい」とは思わなかったんだよね。
なんだろう、自分も確実に、2年後にはそこにいる、みたいな。
ほら、小学校高学年の頃、次は中学生になるのが当たり前だった、
そういうのに似た感情。楽しみだな、っていうのが近いかな。

もちろん、
小学生が中学生になるように、当たり前には運ばないことだけど、
当たり前のように進むよう、毎日を頑張っていこうと思う。


この記事のURL | 法科大学院 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
僕も合格発表の日に、伊藤塾で合格者を見ましたよ。本当に、後光が差したって表現がぴったりでした。自分が合格したイメージがしやすくなって、見ておいてよかったです。

micoさんは、もうイメージができてるんでしょうね。そういう人は確実に合格できると思います。
2007/09/15 12:40  | URL | tomoyacchi #-[ 編集] ▲ top
-  -
tomoyacchiさん、どうもありがとう♪
人間、やっぱり「こうなる」と思ったとおりになると思います。
実際私は、子供の頃からずっと、
ここだけは譲れない、と思っていた望みは全て叶ってます。
(かなり幅広い誤差はありますがね^^;)
こうなりたい、を超えて、自分はこうなる、というのを
思い続けることが大事ですよね!
2007/09/15 22:33  | URL | mico #-[ 編集] ▲ top
-  -
こんにちは。
ホントに努力が実らなければ何にもならない世界ですから、司法試験というのは。うらやましいと同時に、頑張らなくては、と思いますよね。
ところで明治の面接では、訴訟法のことは聞かれないって考えておいていいんですよね?一応4科目について、って書いてあったと思うのですが、不意打ちがあったりするのかな・・・・。
2007/09/16 06:06  | URL | ハイビスカス #-[ 編集] ▲ top
-  -
ハイビスカスさん、そうですね。身近に合格者がいると、いい刺激を受けます。
明治の面接では、訴訟法は訊かれないのではないでしょうか。
私は、刑法と民法でした。
面接官の先生が二人で、一人の先生が刑法の先生で、もうお一人が民法の先生だったのだと思います。
訴訟法を訊かれた、という話は聞いたことがないですし、受験科目にも入っていないのですから、
大丈夫だと思いますよ^^
2007/09/16 21:07  | URL | mico #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/468-fd4f8a73

| メイン |