茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です

バレンタインデー

バレンタインデーだね。

息子が中学1年だけどさ,私が中学1年のときの話。
クラスの女の子(以下Aちゃん)が,
ある男の子(Bくん)にチョコを渡すことにしてたの。

AちゃんがBくんを好きらしい,ということは,クラス内では
そこそこ知られた話で,Bくんも,まんざらでもない様子。
当日,私たち女子仲間はコソコソ声で「がんばってね」みたいな。

放課後,私たちがBくんを廊下に呼び止め,
Aちゃんがチョコを持って教室から出てくるという段取り。

で。Aちゃんがチョコを持って教室から出てきたとき・・・
担任の先生(当時20代の独身男)が放課後の見回り?に来た。

なんと,先生はAちゃんが手にしていたチョコを指さし,
「そんなもの学校に持って来ちゃダメだろ!」
などと言い,取り上げて説教を始めた。ありえない・・・・・!

Aちゃんは泣き,私たちは職員室まで押しかけて大ブーイング。

今思い出しても,女の子の気持ちを全くわかってない,
ずいぶん野暮な先生だったな,って思う。


で,息子は・・・
先生に邪魔されることもなく,2個もらって帰ってきたよ。

しかし,私に見せてくれない!!
「本命チョコじゃないよ」とか言っちゃって。
本命チョコじゃないなら見せてくれてもいいじゃんっ。

「ダメ。内緒」
・・・あっ,そうですか。はいはい。いいですよ~だ。

どうやら,手作りものらしい。息子,すごく嬉しそう・・・。
よかったねぇ^^(でも,ちょっとやけちゃう。)

コメント
そう言えば、私の小学6年の担任も、
バレンタイン禁止令を事前に出しましたね~。

しかも、クラス全員の前で説教しながら、
その内泣き始めてやんの(失笑)。
よっぽど、バレンタインに悔しい思い出
でもあるのだろうと、みんなでバカに
していました。

しかし、それから二十数年経った今、
彼の気持ちが、少しだけ分かりました・・・(涙)。



・・・・・・



な~んて、嘘でーす!

でも、今も昔も縁は無いですな~(やはり涙)。
2008/02/15(金) 01:19 | URL | ひで☆ぽん太郎 #-[ 編集]
私も縁が無いですけど
 そいうこともありましたね。

 でも、学校の担任が、チョコの渡すことを禁止したことは無かったように思います。

 私には、縁の無いことでしたけど。

 もらって居た奴は、一杯もらっていたように思います。

 それは、それとして、今は年度末・・・・

 今年度の処理と、来年度の準備で仕事の多いこと、平日の夜も休みも追われています。

 
2008/02/15(金) 06:02 | URL | DAKARA #ejL58bjI[ 編集]
ひで☆ぽん太郎さん,な,何?その先生・・・
哀しい思い出なのでしょうねえ,お気の毒に。
どうせならそれを語ってくれれば,プラス評価だったろうに。
でも,ひで☆ぽん太郎さんが,この日に縁がないなんて,
ウソはいけませんよっ!


DAKARAさん,またまた~。
先生の禁止令が出なかったのは,先生も期待してたからかも?
年度末,お仕事柄,お忙しいでしょうね・・・。
お体に気をつけて,乗り切って下さい!
2008/02/15(金) 21:18 | URL | mico #-[ 編集]
酷い事?
いつも楽しく拝見させていただいております。

ひがみかもしれませんが、もってきてはいけないものを持ってくるのはやはりいけないことでは?別に学外で渡すこともできたでしょうし。率直に申し上げて文面だけではその先生の行為に不当な部分は見受けられないように思えました(もしかしたらその行為に恣意性があったのかもしれませんが)。
2008/02/19(火) 20:31 | URL | 残念無念 #pYrWfDco[ 編集]
残念無念さん,うーん。そうですね。
確かにそれが「正論」だとは思うのですが。
どこに限界を設けるかも,難しいですが,なんていうか,
可罰的違法性がない,みたいな感じです,私が思ったのは^^;
この時期の女の子にとっては,大きな傷になりますし。
そんなふうに心を傷つけてまで,
「バレンタインのチョコを学校に持ってくるべきでない」という規範を
強制することで,守られる利益は何だろう?とも思います。
(事前に禁止令は出ていませんでした)
2008/02/19(火) 22:53 | URL | mico #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
どうぞよろしく

茨城県牛久市の弁護士小室光子です。
(茨城県弁護士会所属)

弁護士法人こむろ法律事務所
〒300-1234
茨城県牛久市中央5-13-19
電話:029-875-8462
FAX:029-875-8463

ご連絡は下記「お問い合わせ」からも受け付けております。

交通事故等の一般民事事件はもちろん,家事事件,外国人の方からのご相談,刑事事件にも力を入れています。

相談料は,1回5,400円です(消費税込。1回30分が目安となりますが,30分を過ぎても追加料金は頂きません)。
資力に不安のある方には,民事法律扶助(一定の資力要件を満たせば,相談料が無料になる等の援助制度です。)をご案内していますのでお申し出ください。


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
カテゴリー
これまでの記録
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -