茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080217170335
土日で、京都に来てみました~
もちろん、息子とね♪
長年使っていたクレジットカードのポイントを交換しての旅行。
・・・ポイント交換したのは,1年近く前で,放置していたものを
思い出したので,あわてて?使ったわけ。

雪が降ったりやんだり,晴れたり,微妙な天気,
かつ,ちょうど今日は京都市長選挙だったんだねえ。

息子と2ショット写真を撮る私に,息子が一言。
「なに,もうすぐ,二人で出かけたりできなくなると思って,
記念に撮っておきたいわけ?」だって・・・。

日頃,そういうことを私がよく言うからね。
実際,あと何年,こうやって二人で出かけてくれるんだか。

でも,相変わらず息子は,京都駅を出るときと,東京駅に着いたとき,
そして家に着いたとき,と何度も何度も「楽しかったね^^」と言ってくれた。
ほんと,私は幸せだわ。
 コメント
この記事へのコメント
いやホント幸せですね
 話を聞いただけで、幸せのお裾分けをしてもらったみたいです。

 子供は、元気の素を与えてくれますよね。

何時までも親子仲良く過ごせるとよいのですが。

 私の娘は、中学2年です。

でも、ろくに口をきいてくれません。

小学校の時と違って、難しいものです。
2008/02/17(日) 22:58 | URL | DAKARA #ejL58bjI[ 編集]
息子ってやっぱり特別なんですかね。
私は母ととても仲良しでよく旅行に行ったり遊んだりしてるんですけど、そんな母がたまーに帰ってきた弟と一緒に初詣に行ったとか、母の日に何をもらったとか、年越しメールもらったとか非常に幸せそうに話すのです。
しかも弟も一時期思春期の頃は母から離れてましたけど、大人になったら母に対してとても気遣うようになったので、余計母は喜んで。
私からしたらそんな母はほほえましいのですけど、その姿がmicoさんと重なりましたね~。

2008/02/18(月) 00:29 | URL | 睡蓮 #JalddpaA[ 編集]
おはようございます。

入れ違いかもしれないですね。

 この写真を撮っておられる位置は中央出口なので、これの真横200メートルの位置にキャンパスプラザ京都というのがありまして、そこに私は土日共ぐぎづけになっておりました。

 mico様とすれ違っているかもしれないですね。
 でも楽しそうでよかったですよね。

2008/02/18(月) 04:58 | URL | 大吉 #-[ 編集]
いいなあ、京都!
息子さんとも仲良し親子で素敵!
micoがニコニコしてる様子が目に浮かぶよ(笑)
またいろいろお話聞かせてね!
2008/02/18(月) 08:47 | URL | クズキリ #VkhKErvY[ 編集]
DAKARAさん,そうですね。
息子には救われることが多いです。
女の子は,中学生から高校生くらいが
いちばん父親から離れたいときですから,
(私も身に覚えがありますよ・・・)仕方ないのかもしれませんね。
でも私も,結婚式の衣装を決めるときには,
父と腕を組んで(その場のノリで)写真を撮りましたよ。
今もその写真は,宝物です。
DAKARAさんにも,そういうときが訪れますように。


睡蓮さん,ありがとうございます。
へえ~。やっぱり,母親にとって男の子は特別なんですね。
女の子がいる友人を見ていると,友達同士みたいでいいな~,とか思いますが。
そっか。思春期に離れても,また(ある意味)戻ってくるのですね。
それを聞いて,心から(笑)安心しました。


大吉さん,そうだったのですか!
それは本当に,すれ違っているかもしれませんね。
土曜日も日曜日も,けっこうな時間を京都駅近辺でウロウロしてました。
駅ビルの2階通路(駅両側を結んでいる所)にある焼き栗屋さんとか,
八条口の釜飯屋さんとか,京都タワーのダイソー(笑)とか。


クズキリちゃん,いいでしょ~♪
京都駅は毎年数回通過するけど,降り立ったのは
相当久しぶりだったわ。
修学旅行みたいなコースを歩いちゃったよ。
駅周辺は変わっても,そういうコースは変わり映えしてなくて,安心した(笑)






2008/02/18(月) 23:08 | URL | mico #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/585-6d926608
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。