茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
今日はこの裁判を傍聴してきたよ。
2004年の埼玉の放火事件。
一審で無期懲役判決が下り,その控訴審の1回目。
弁護人の先生が,リークリでお世話になった先生なので。

被告人は,リンク先の写真とは,似ても似つかない感じ。
面影はあるけれど,まだ50歳なのに,髪はほぼ真っ白に近いし。

72歳になる母親が,証人として法廷に立った。
被告人とは対照的に,はきはきと話し,
気丈に振る舞うその姿は,痛々しくすら見えたよ。

弁護人が,途中で(娘のことを「被告人」と呼ぶことに気を遣い)
「ごめんなさいね。被告人と呼ばせてもらいます」と言ったとき,
大きくうなずいて「はい!いいですよ!なんとでも呼んで下さい,
なんとでも言って下さい!!」と答えたのが印象的だった。
弁護人に対する答えというより,世間に対して言っているようで。

世界中の全てを敵に回しても,最後の1人になっても,
「娘はやっていない」と信じています,って。母親ならそうかもね。
最後に,娘である被告人に対して,「がんばんなさい!」と
声をかけてた。

傍聴席には,この事件で亡くなった方のご遺族もいらした。
もちろん,一言も言葉を発する機会はなく,一連のやりとりを
どんな気持ちで聴いていらしたのかな・・・と思うと。

色々と,切ない法廷だったよ。
 コメント
この記事へのコメント
あのドンキホーテの放火ですね
 親は最後まで味方だと思います。

と言うか、親しか最後の味方は居ないと思います。

 私自身の体験です。どのような苦境でも母親だけは、味方で居てくれましたから。

 でも、矢張り、被告人は殆ど、精神鑑定を求めるものなのですね。

 解らないでもありません。
2008/02/21(木) 21:41 | URL | DAKARA #ejL58bjI[ 編集]
DAKARAさん,少なくとも,最後に味方をしてやれる親でありたいですね。
被告人の「ほとんど」が精神鑑定を求めるかどうかは,
わかりませんが,今回の被告人は,傍目に見ても,
(事件当時はともかく)今現在は,「まとも」じゃないのがわかりました。
だから尚更,切なかったです。
ご遺族もたまらないと思いますし。
2008/02/22(金) 21:01 | URL | mico #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/589-d0e40f26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック