茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
へえ・・・知らなかったわ,こんな争いになっていたとは。
今日の「エンタテインメント・スポーツと法」の授業で聞いたんだ。
要するに,「著作者」は誰か(著作権の帰属とは別の話)という問題。

「宇宙戦艦ヤマト」といえば,私は小学生以来,
何回観たかわからないくらい観てる。
あ,たぶん,最初のTVアニメは,リアルタイムでは見てなくて,
夕方の再放送を,そろばん塾に行く前に見ていたのが最初の記憶。

それ以降,たぶん,全部見ただろうなあ。
息子といっしょにTSUTAYAで借りて見たりもしてるし。

なので,帰宅後,息子にも話したよ。
「宇宙戦艦ヤマトは誰の物か,っていう判例を今日勉強したんだよ」って。
息子も興味を持ったようで,色々授業で聞いた話をしてやった。
いい復習になったわ(笑)

この事件とは別に思うことだけど,たぶん,創り手の気持ちとしては,
著作「権」よりも,「これを創ったのは誰か」「誰の作品なのか」は重要だと思う。
「純粋に」創る人は,きっと,そこに「権利」なんて考えていない。
単純に,形にしたいだけだろうと。


 コメント
この記事へのコメント
結構堪えたよ
「こんな争い」を読ませてもらったよ
争い自体の存在は知っておったけど中身は結構面白いね

読んでるうちに何故か笑いが出てきたよ
ストーリーが延々と述べられ、真剣に事実を認定していく作業が何故か笑える(頑張って行った裁判官さん、ごめんね~)

昔、授業で工業所有権法って言うのを受けた時は全く面白くなかったけど(特許庁からお偉い?おっさんが教えに来てた)
こういうのが題材だったら寝てなかったかもね
今でも特許庁は人手不足なんかね?当時は先生が必死にリクルートしていたけど
2008/04/22(火) 09:57 | URL | お水さん #-[ 編集]
身近な例
いつも興味深く拝見させていただいております。

身近な例が出てくると俄然やる気が出てきます。
経済法で、卸売業者が小売業者に対し、不人気のソフト(いわゆるクソゲー)3本と一緒でなければドラクエⅣを売らない、という事例(抱き合わせ販売の事例)が出てきたので、そのあたりはよく覚えています。
2008/04/22(火) 21:59 | URL | 残念無念 #pYrWfDco[ 編集]
ヤマト事件ですね
 私は、2年くらい前に、インターネットで、判決文全文を見ました。

 「宇宙戦艦ヤマト」というと、漫画家「松本零士」さんの代表作の一つのように見られていますが、当時、松本零士さんには、長編アニメの作成経験がまだ無くて制作能力が無く、ストーリーを含めた企画内容の主要な殆どが、プロデューサーが創造した物であり、松本さんは、単にキャラクターのデザインを行ったに過ぎないので、この著作権は、プロデューサーに有るとの内容の判決文だったように記憶しております。

 だから、アニメに出てきた、キャラクターをもじったパチンコ新台が制作された時に、デザインが松本さんだったのに、名称がヤマトで無かったので、テレビで話題になったのが、昨年だったと思います。

 先輩弁護士が、司法修習の時に、検事の教官が、「自白は証拠の王だ」と言っていたので、これでよいのだろうか。よく問題にならないもんだ。と言った居た事を最近の冤罪事件の多発で思い出しました。



 
2008/04/23(水) 02:10 | URL | DAKARA #ejL58bjI[ 編集]
はじめまして
はじめまして、micoさん。
突然すいません。ブログを見させて頂きました。
私は現在社会人をしており、30代に突入したところです。
しかし、突然今年になり法律に興味を持ち始めました。
今はL○Cの入門講座を取っています。
micoさんの勉強記録を読んで自分もさらにやる気が湧いてきました。
これからも読まさせて頂きますが、よろしくお願いします。

まずはご挨拶まで。これから、よろしくお願いします。
2008/04/23(水) 17:48 | URL | やす #-[ 編集]
お水さん,お久しぶり!心配(?)してたよ。
そうそう。判決文の中であらすじもちゃんと「認定」しているのが笑えた。
裁判所のお墨付きをもらったね~,みたいな。
特許庁,どうなんだろう?今は司法試験の選択科目にも
知財が入っているし,そっち方面の事件も増えているから,
・・・あ,それで逆にまたさらに人手不足かも?


残念無念さん,そうですよね。
眠気に襲われても,知っている名前などが出てくると,
目が覚めます。他にも「マクロス」とか「それ僕」とか
タレントの名前とか,色々出てきて面白いです。
経済法も,興味深い事例が多そうですね。


DAKARAさん,そうです,それそれ。
よく覚えていらっしゃいますね。
私なんか,そのプロデューサーの名前すら知らず,単純に
「松本零士の作品」だと思ってましたから,申し訳ないような気持ちになりましたよ。
パチンコは「大ヤマト事件」ですね。
その事件,講義をして下さっている先生が,担当されています。
「自白は証拠の王様」というのも,単純にそうは言えない問題が,
たくさん潜んでいますよね・・・。


やすさん,はじめまして。
私も,司法試験に興味を持ったのが,ちょうど30歳になるときでした。
それ以前は,司法試験なんて全く別世界の話・・・というか,
法律の勉強は,およそ知りうる「勉強」の中で,いちばん興味がなく,
関わりたくない,やりたくない分野でした^^;
私でわかることであれば,何でもお答えしますので,
お気軽にコメントなりメールなり,くださいね。
2008/04/23(水) 22:10 | URL | mico #-[ 編集]
なぜか元気だよん
あ~よかった
笑えたのは俺だけじゃなかったから(けしからん!って突っ込まれるかと思ったよ)

しっかし、この裁判官、この件に関してはオタク並みになったであろう(文書化するだけでも相当ストーリーを詳細に調べずには書けまいからのう・・・フフフ)

昨日は、世間に注目となりうる判決がゴロゴロ出たみたいだけど
個人的には蛇の目ミシン訴訟が一番興味を引いたよ
一番ドン引きしたもんね!(あっ、レベルの低さは、あくまで素人なので許してね)
額より先ずもって、そのお相手だね(コーリン産業の小谷さんを業界の人で知らない人はいないであろう)
次にその額だよね(ブっ飛んだね~)
アメリカみたいに平気でポンっと何百億出して司法取引できる位の金持ちは日本にはなかなかいないからね~
しかも、今後は相手がその筋のお方なら「しゃあない」で済ます事ができなくなるだろうから代取以下役員も大変だ
相談された・・・はどうするよ~(頑張ってくれい!)
2008/04/24(木) 08:34 | URL | お水さん #-[ 編集]
お水さん,元気でよかった。
うん。ヤマト事件の裁判官は,相当なヲタになったろうね(笑)
蛇の目の判決が出たのは知らなかった(元の事件は知ってる。詳しくは知らないけど)。
今,検索してみたよん。へえ・・・この方面も今後,欧米化していくのかな。
小谷さんって,そんな有名な人なんだ。エピソード的には面白い話がいっぱいありそう。
2008/04/24(木) 22:51 | URL | mico #-[ 編集]
判決文のリンクが貼ってあったのですね
 きがつきませんでした。何か私の記憶の間違いがバレバレですね。^^;

 だから、皆さんが、判決文の内容を気軽に批評されていたのですね。
 みなさんは、良く知っているな~と変に関心しておりました。
2008/04/26(土) 02:10 | URL | DAKARA #ejL58bjI[ 編集]
DAKARAさん,いやいや,相当正確ですよね。
よく覚えていらっしゃるな~と感心しました^^
2008/04/26(土) 21:12 | URL | mico #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/637-5d264d9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック