茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
今日は,ちらりとローに行ったあと,お通夜に参列したよ。
故人は,出身は九州で,そちらの身内の方とはほとんど付き合いがなく,
私の実家関係の人たちだけの,こぢんまりとした集まりだった。

義姉(故人の娘)が,寂しそうだった。
早くに母親を亡くし,弟も亡くしてて,今回父親も亡くなって,
もう,生まれた家の家族は,誰もいないから・・・。


兄と,久しぶりに会った。
義姉とは,割とよく会うのだけど,兄とは,えっと・・・
まともに話したのは,1年ぶりくらいになるな。
(昨日も書いたように,あんまりいない人だから・・・)

通夜ふるまいで,お醤油を注いでたとき,
「おにいちゃん,お醤油(注ぐから小皿ちょうだい)」って言ったとき,
自分でも,はっとしたわ。

ああ,私には「おにいちゃん」がいたんだ。
おにいちゃんのことを,おにいちゃん,って呼んだのは,すごく久しぶりだ。



【2008/06/23 22:38】 | 雑談
トラックバック(0) |


DAKARA
 人は、本当に生きていると、平穏無事に過ごすということがどんなに難しいかを実感します。
 普通はは、若いときに輝くような将来の成功を夢見ますが、人生は試練の連続ですね。



mico
DAKARAさん,そうですね。
その試練の連続の中にこそ,真実と幸せがあると私は思います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
 人は、本当に生きていると、平穏無事に過ごすということがどんなに難しいかを実感します。
 普通はは、若いときに輝くような将来の成功を夢見ますが、人生は試練の連続ですね。
2008/06/26(Thu) 23:32 | URL  | DAKARA #-[ 編集]
DAKARAさん,そうですね。
その試練の連続の中にこそ,真実と幸せがあると私は思います。
2008/06/27(Fri) 22:55 | URL  | mico #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック