FC2ブログ

弁護士小室光子の記録です

ま,終わったのは昨日のことだけれど。
今回受けて,本当によかったと思う。

初日の夜には飲み会があったり,
2日目の午後は,息子関係で抜けたりとかあったので,
完全なシミュレーションにはならなかったわけだけど,
相当,具体的なイメージは持てた。

体力的には,もっとへとへとになるのかと思っていたけど,
そこまでではなかった。
精神面は,本試験ではない以上,比較しようがない。
たぶん,精神面の疲労が,本番では体力面に影響すると思われる。

ただ,やっぱり右手(利き手)は痛くなるわねえ~。
これはペンの持ち方その他で,個人差は大きいだろうけど,
私は今日,今現在でも右手の中指が痛い・・・。
(今日,宅急便の伝票を書く機会があったのだけど,あれって
転写用紙だから,筆圧が必要でしょ。重労働に感じられたわ・・・)

あとは,ほんと,制度が転換したんだってことも実感した。
というのは,こういう予備校の企画に参加して,知り合いに会ったことって,
旧司のときは,数えるほどしかないわけ,私のような(他学部,社会人経由,
しかも予備校の講座も通信という)場合。
それが,当たり前のように知り合い(っていうか,ローの友達)に会ったり,
他ローの友人にも会ったり,久しぶりに会う受験仲間もいたり。

こういうのって,きっと職場(実務)の雰囲気にも影響するんだろうね。
もともと,法曹界は狭い世界だと言われているけれど,人数増えても,ますます
狭い世界になったりして・・・?
2008.08.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/728-4795ae0d