研究特論
2008/10/29(Wed)
というのを履修しているということは,何度か書いているけれど。
要は,2万字程度のリサーチペーパーを書いて出す,ということ。

ぼちぼち資料を読み,ある程度書いていて,だけどいつも
授業やなんやかやで細切れになって,まとまらずに現在に至る。

もう後がないことだし,ここらで腰を据えて取り組もう,というのが
昨日,今日あたり。ローが秋休み(1週間)で授業の手当てが不要だし。

前にも書いたけど,こういうことをしていると,あっという間に時間が過ぎるわ・・・・。
何かを読んでは「へえ~っ!そんな話もあるんだ」と思ったり,
「え?ちょっと待て。これってそもそも・・・・」と思ったり,独り言の増えること(笑)

しかし,ほんとネットは便利だよねえ。
何か資料を読んでて,「この原典を見たいんだけど」と思ったときとか,
大概のものは,どうにかすればネット(+図書館)で拾えるもんね。

大昔,卒論を書いてて,江戸時代の刑法(ネーミングは違うと思うが)を
見たくなって(あ,テーマは近松門左衛門の姦通物よ。文学部演劇科だからね)
探すのに苦労したことを思い出したわ。あちこちの図書館を回ってね。

この記事のURL | 法科大学院 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/813-89e25ee4

| メイン |