茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
約2年後,私も受けているであろう通称「2回試験」。

司法試験に合格した後は,司法修習に行く。
そして修習の最終段階で,また試験があり,
これに落ちれば,法曹資格を得ることはできない。

新61期の2回試験の合格発表(正確には「不合格発表」らしい。
不合格者のみ,発表されるから)が昨日,あった。

1811人が受けて,101人が不合格だったとか。このほか,
再受験組33人のうち12人が,再び不合格だったとか。
率にすると約6.1%ということで,過去に比べて,
ものすごく悪いってことではないと思われるけど,数が100人を超えると
法曹養成のあり方について云々,って論調が・・・どうしても出るよね。

でも,ほんと,厳しい世界だよね。
手書きで何十枚も答案を書いてさ,ちゃんと指示通りにとじないといけなくて,
その「とじる」作業が終わらなかったために不合格になる人もいるそうだから。

ま,厳しいのは当たり前か。
まずは今現在の課題を,しっかりこなしていこう。


 コメント
この記事へのコメント
私が受けた数々の試験の中で一番監督が厳しい試験でしたよ。
司法試験の監督なんてユルユルです。
ハイジの家庭教師・ロッテンマイヤーさんみたいな監督官がいて、マジで怖かったです(笑)

2008/12/22(月) 23:30 | URL | ronron #-[ 編集]
ronronさん,コメントありがとうございます。
へえ・・・・ロッテンマイヤーさんか。
すごくイメージわいてきました~(^^;
なんか,監督官の様子に気が散りそうです。
2008/12/23(火) 22:21 | URL | mico #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/848-41758bfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック