FC2ブログ

弁護士小室光子の記録です

今日は午前中、最後のゼミ、午後は最後の論文答練。
しかも息子がそろばん競技会に出るのでお弁当を作るため
朝5時起き。・・・・眠い。

ゼミでお世話になった合格者の方からは、答案について
かなり褒めていただいた。

・・・そう。家で、時間制限なく書くのであれば、我ながら
そこそこの答案は書ける。

しかし・・・・2時間2通の枠、となると
途端に悲惨な答案になる。
書きながら「全然ダメじゃん!」「でも時間ないし!」
っていう感じで、かなりストレスフル。

時間をかければ書けるわけだからね、もちろん答練の問題でも
書くべきことは(大体)わかるんだよ。

けど、時間内にまとめきれない(特に民法、刑法)。

ただ、意地でも途中答案は書かないことにしているので、
ひたすらはしょって、「これは個人的メモか?」くらいの
答案を書いてしまう。

こんなんじゃダメだ。読み手に伝わらない。
2時間で2通を、ちゃんと伝わるようにまとめられなければ、
試験との関係では何の意味もない。

ほんとはわかってるんだよ、説明できるよ、って
いくら悔やしがったって、全く、意味はない。

試験というのは、そういうものだもんね。

とはいえもう、いいかげん、択一専念期。
択一後の2ヶ月で、なんとかしなくては。


2006.03.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/97-3d52279d