茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
今日,上場したLINE。私も使ってます。

昭和(42年)生まれの私にとって,いちばん衝撃だったのは,
自分が送ったメッセージを相手が読んだということを知らせる,
「既読」という機能。

なんでもないことのようだけど,これによってある意味,
「文化」が変わったと思う。
今,それをふつうに利用している立場からすれば,
たとえば,しばらく返信がなくても,「既読」になっていれば,
少なくともスマホ等を操作できる状況にあるということ,
つまり,(大げさに言えば)無事であることが確認できて,安心する。

一方,大昔(笑)に思いを馳せると,
それこそ,携帯電話もない頃ね,誰かに連絡したいと思えば,
せいぜい家の固定電話しかなく,間に家族の伝言が入ったりもして,
たくさんの誤解を招いたり,色々あったような気がする。

それで,彼氏・彼女関係が親にも自然に知られたりして,
あんな,ろくに挨拶もできないような男(女)はだめだ,とか親が口出ししたり。
(注:私の話ではないです。あくまで,昭和60年前後の一般論。)

今は,そういう意味では,同居している親子・家族でも,
それぞれが,誰と,どんな付き合いしているのかとか,色々わからなくて,
その分,心配も増えるかもね。
LINEとかで個々のつながりの安心が増えるのと,そこは逆行しているかもね。

それをいいとか悪いとか言う気は,全くない。
この時代に生きている以上,この時代の文化に対応して生きようと思うから。
いいもの(好きなもの)は受け入れ,いらないものはいらない,ただそれだけ。

けど,ラブレターを送って(送ったことないけど),返事が来なくて,
迷惑だったのかなあ,自分のことなんか興味ないのかなあ,
けっこう気が合っていると思っていたのになあ,あ,もしかして届いていないのかも,
届いたとしても本人は読んでないのかも!それなら仕方ないな…
なんて思いながら何年もすぎて,「あのころ手紙送ったんだよ,見てなかった?」
「そうなの!?知らなかった…」みたいなドラマは,今となっては全くリアリティないかもね(笑)


追記を閉じる▲

【2016/07/15 23:05】 | 雑談
トラックバック(0) |
私は1967年(昭和42年)生まれ。
日本の人口構成がどうなのか,正確にはわからないけど,
テレビコマーシャル等の広告媒体を見ていると,
この世代をターゲットにしてるなあって思うことが最近(?)多い気がする。

たとえば,ビールや発泡酒のコマーシャルや,車のコマーシャルで,
1980年代に流行していた曲が使われていたりする。
それどころか,携帯電話関係のコマーシャルでも,ほぼこじつけで
1980年をネタにしていたり(笑)
要するに,80年代あたりの「はやりもの」に反応する,私を含めた
同世代は,今まさに,消費のボリュームゾーンなのかなと思う。

いわゆる「大人」?

自覚はないけど(生き方や考え方は,18歳くらいからあんまり変わらないし),
さすがに息子がもうすぐ22歳になるので,世の中,代替わりしているんだよね,
とは思う。

私が息子を生んだのは22年前。(思えば22年前の明日の朝,陣痛が始まり,
夕方には本格的な感じになり,48時間かかって,7月7日に生まれた。)
私が生まれた昭和42年を22年さかのぼると,昭和20年,終戦の年。

息子が生まれたときのことなんて,ほんと,手に取るようによく覚えている。
そりゃ,日々は今の日常を生きていて,いちいち何か思い出すわけではないけど,
何かの瞬間に,思い出すとすれば,それこそ,昨日のことのように思い出すことができる。

私が生まれたころにはまだ,あの戦争は,そのくらい身近なことだったんだ,と思う。


追記を閉じる▲

【2016/07/04 23:55】 | 雑談
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


No title
mico
秘密コメントいただいた方,ありがとうございます。
受験お疲れ様でした!
本試験の中で,一番の出来だったと思える成功体験があることは,必ず今後につながります。
あとは,自分が今いる環境にいいわけしないこと,ですよね。
今の環境は,受験にとっては一見マイナスに見える部分もあるかもしれないのですが,
長い目で見れば,この環境で結果を出せないのであれば,
それはそもそも道の選択を誤っているということでもあると思います。
そういう意味でも,今ある環境のプラスの部分,幸せな部分も,大切にしていただきたいです。
これからも,お互い頑張りましょうね!

コメントを閉じる▲
弁護士登録したのが,平成23年8月末。
私は誕生日が7月で,その年,ちょうど自動車運転免許の更新の年だった。

運転免許は,昭和63年(20歳)のときに取って,その後,
軽自動車(ホンダのトゥデイ。懐かしいなあ…)を持っていた時期もあったけど,
東京で暮らしていると運転の必要性がなく,ほとんど運転しなかった。
つまり,牛久市に引っ越してくるまで10年以上,ペーパードライバーだった。

当然,免許証はゴールド(笑)
昨日かな,運転免許更新の連絡はがきが届いていて,
新有効期間は5年,講習区分は「一般(準優良)」と書いてあった。

職業柄,交通事故関係の刑事事件等で気にすることはあっても,
自分の運転免許に関しては,あまり考えたことがなかった。
そういえば,免許の期間とか,講習区分とかは
どういう基準で決まるんだろう…と思って調べてみた。

ちなみに,前回の運転免許更新から数か月して前の車(スイフト)を買い,
それからはもう,ほぼ毎日,ときには1日に300キロとか,運転してきた。
さすがに無傷ではいられなかった…ペーパー歴も長かったわけだし。

事故歴等を白状すると,高速道路で物損事故1回(私が悪かったのです。
事故渋滞しているという情報を得て,急いでいたため,直近の出口から出ようとして
急な車線変更をしたため,隣車線を走行中の方にぶつかってしまいました。
事故渋滞ゆえ,スピードが出ていなかったのが不幸中の幸いでした…。
もちろん警察を呼び,被害者の方に謝罪し,過失割合8:2でお許しいただきました。),
高速道路での走行帯違反で罰金1回。
(追い越し車線に出たものの,走行車線が詰まっていて,戻るタイミングを失い,
だらだらと追い越し車線を走り続けてしまいました。)

という履歴の私は,次回の免許はブルーだけど,有効期間は5年になるらしい。
ゴールド免許は,ざっくり言うと,過去5年間に無事故・無違反のときにもらえる。

そうかあ。直近過去5年間,1事故(物損事故は免許更新との関係ではカウントされないが)
1違反だもんな。ゼロと1とでは大違いだもんね。
気をつけよう。


追記を閉じる▲

【2016/06/18 23:06】 | 雑談
トラックバック(0) |
茨城県牛久市で弁護士業務をこなすには,
どうしても車が必要で,開業してから4か月くらいのときに
新古車を購入した。

何度かブログにも書いてきたけど,愛着がある,大切な車だった。
けど,10万キロ近くを走ってしまい,次の車検を通すかどうか悩み,
仕事の合間のいろんなタイミングもあって,あれよあれよという間に
(自分でも,「あれ?もう?」という感じでもあった…)買い替えることになった。
前の車と別れることは,寂しかった。ほんとに。

購入した車は,最初,正直不安もあった。
大きめの車で,日本人特有の小柄な私に乗りこなせるのか?
みたいな。

ただ,試乗したときに,
「わ~!なに,このしっくり感!」ってところはあったの。
それで,なんか,直感的に決めちゃったんだよね。
前の車の売却日も決まってたし。

で,1か月が過ぎた今。
もう,この車,大好き。前の車も大好きだったけど。

っていうか,私,運転が好きな家系(笑)に生まれたからね。
若干,気づくのが遅すぎたけど。

亡くなった父と,もっと車の話をしたかったなあ。


追記を閉じる▲

【2016/06/02 23:03】 | 雑談
トラックバック(0) |
高校3年生の3学期(1986年1月)に,担任教師から,
「20年後の私」というタイトルで作文を書くという課題が出された。

いわゆる「進学校」(とはいえ当時の都立高校なんで…)の理系クラスにいながら,
演劇関係の学部がある大学(つまり文系)に行く,
と担任に宣言していた私には,正直,そのクラスは居心地が悪い部分があった。
(あ。でも,今も付き合いのある高校の友人たちは,そのクラスの友人たちです。)

何を書いたか,ちゃんとは覚えていないけど,
「今」の連続の中に20年後の私もいるだけ,
みたいな醒めたことを書いたことを覚えている。
理系クラスの落ちこぼれだったので,斜に構えたい気持ちもあって。
そして,当時の手書きの日記には,

だって,ホントに私はいつだって「今」を精一杯生きることくらいしかできないもの。
ただ,その「今」ってのは断片的なものじゃないんだ。
常に,明日に続いている「今」なんだよね。

なんて書いてある。

20年後どころか,30年が過ぎた「今」。
やっぱり私は30年前と同じように,「今」を精一杯生きようと思っているし,
その連続の先に,20年後(68歳!)の自分もいると思っている。

年をとった分,経験値は増えても,人間,根本的な考え方とか生きる姿勢は,
18歳ころから変わらないものだね。って前にも書いたかもしれないけど。
もちろん,それに固執する気はないし,修正すべきは修正して生きてきたつもりだし,
今後も修正すべきは修正して生きていく,わけだけれど。

「あのころは若かったから」とか言って,今の自分を言い訳したくない。
「まだまだ経験が足りないから」とか言って,未来の自分に言い訳したくもない。
能力不足はわかってる。それにちゃんと向き合って努力したい。

20年後も,このブログを書いているだろうか。
すでに10年以上書いているのだから,きっと書いていることだろう。


追記を閉じる▲

【2016/05/24 23:58】 | 雑談
トラックバック(0) |
仕事の都合で,月に何度かはタクシーを利用する。
話しかけてくれる運転手さん,いるでしょ?どう思う?

私は,話しかけられたら,全面的に(笑)応じる。
ほんと,その場限りの会話だけどね,たいがい,気分よく降りることになるから。
(あ。思い出した。過去に何度かこのブログに,タクシー運転手さんと会話した,
っていう話題を書いてるよね。)
今日,利用したタクシーの運転手さんが,
「ゴールデンウィークは休めましたか?」
と,あたりさわりなく,話しかけてきたの。

「いやぁ…仕事してました~」と私。
「それもいいよね。」とのお返事。

運転手さんは,70代前半の男性。
連休中も仕事していたけど(都心部だったからか?)暇だったとのこと。
でも元気で仕事していられるのが何よりだよね,
体が元気じゃなかったら,何してたって楽しくないし,笑えないもんね,って。

私の父は,6年前,75歳で亡くなったけど,若いころ,タクシー運転手をしていた。
その後,小鳥屋さんを自営業としてやっていて,副業で大型トラック運転手もしていた。
運転の仕事の話をしているときの父が好きだった。尊敬もしていた。
(私が運転好きなのは,父の影響だと思う,たぶん。)

今日,タクシーを降りるとき,運転手さんが「あなたも頑張ってね」と言ってくれて,
(もちろん,私の職業なんて知る由もないのに),なんだかすごく嬉しかった。
暖かい言葉だったし,この方は,仕事にもプライドを持っているんだなってわかって,
私も頑張ろう!って思いながら,その行先での仕事に向かえたから。


追記を閉じる▲

【2016/05/09 23:38】 | 雑談
トラックバック(0) |
熊本地震で被災された皆様並びに遠方に暮らすご家族等,
関係者の皆様に,心よりお見舞い申し上げます。

報道で,近隣県である福岡県でも,観光産業等に
いわゆる風評被害のような影響が出始めていると知りました。

東日本大震災のときには,原発事故も重なったということもあるでしょうけれど,
茨城県にも風評被害は長引きました。弁護士として,
その相談を受けてもきました。

それをどうすれば防止できるのかは,正直,私にはわかりません。
ただ,福岡は,いつも通りらしいです。複数の証言を得ています。
(すみません。自分が行って,見たわけではありません。)

まずは被災された方々の暮らしが,一日も早く,従前通りのものに近づくことを祈ります。
と同時に,いろんなところで,いろんな無用な被害や争いが広がりませんように。

【2016/04/21 22:03】 | 雑談
トラックバック(0) |


ronron
恐ろしいほどに普通です。
テレビや新聞、ネットで情報にふれないと、
隣県で大災害が起こったことを忘れてしまいそうです。
だからこそ、できることを探そうと思います。



mico
ronronさん,お久しぶりです。コメントありがとうございます。
そうなんですよね。情報に接していないと,あっというまに
他人事になってしまいます。
過剰反応をすることは逆に迷惑だと思いますが,求められれば
いつでも対応できる,そういう姿勢でいたいと思います。

コメントを閉じる▲
先日,自転車を運ぶ必要があって,私の愛車ちゃんには
載らないことがわかり,やむなくレンタカーを借りることにした。

時間もないし,近場のレンタカー屋さんに行くことに。
「ご希望の車種ございますか?」の質問に,
「自転車載るやつお願いします。」(笑)
「商用車になりますが,よろしいですか?」

(よくわからないけど,とにかく自転車を運ぶことが大事だったので)
「はい。それで結構です。」

待つことおよそ30分。
案内された車は,12万キロくらい走った,けっこう古い感じのバン。
バンだからそれなりのサイズもある。(じゃなきゃ,自転車載らないしね。)

…こ,これを私は運転できるのだろうか。愛車はスイフトですよ?

運転は好きだし,弁護士になってからというもの,ほぼ毎日運転しているけれど,
自分の車以外を運転することはほとんどないわけで。
しかし,しのごの言ってる暇はない。ええ。こうなれば何でも運転しますよ!

けど,大丈夫でした。乗り心地の悪さに最初怯えたけれど,
(まあ,バンだから,乗り心地は優先順位低いよね。)すぐ慣れたし(笑)
運転席がやや高めに位置しているのは楽しかったし。

何度も書いているけれど,私は大型トラックが大好きで,でもさすがに,それを私が
運転できることはないだろうけど,普通車なら,何でもたいがい運転できる気がした。


追記を閉じる▲

【2016/04/03 21:36】 | 雑談
トラックバック(0) |
仕事の都合で,ときどきビジネスホテルに泊まることがある。
先日もその予定で,平日の仕事中にいったん自宅に戻り
(この後,拘置所で接見して,夜は泊まりという予定だった),
ばたばたとお泊り準備もして出かけたところ,
なんと,コンタクトレンズを持って行くのを忘れてしまった!

仕事を終えてホテルについて,やれやれ…と,いつものように
コンタクトを外そうとして気が付いた。(外す前でよかった)
ちなみに私が使っているのは,1日使い捨てタイプ。
ホテルについたのは午後9時半すぎ。

うわ~どうしよう。コンタクトなしだと,車の運転ができない。
裸眼でも両目で0.3くらいは見えるから,
翌日(今日)の予定は何とかなる。
午前中は会議,午後は研修会で,運転の必要はないから。
車は駐車場に置いて,電車で帰って,あとで車取りに来るか…。

それとも今から自宅にコンタクト取りに帰るか。
往復3時間近くはかかるけど…。
それじゃばかみたいだな。なんのために前泊してるんだよ。

…などとホテルの部屋で立ち尽くして(笑)考えていたら,
ふと思い出した。かなり昔に,コンタクトレンズを買ったお店で
「何が違うんですか」と聞いたときの回答を。

「使い捨てレンズも普通のレンズも,素材は同じなんですよ。」

ってことは!私の目に装着されてるこのレンズ,
物理的には明日も使えるわけだよね?
このまま明日まで装着しておくとか。

…それは無理だなあ。怖すぎる。
何年か前,ちょっと目をこすっただけで
レンズが眼球の裏側に回ったこともあったしな。

そうだ。ドラッグストアに行って,
洗浄液と保存液,あればケースも買って対処してみよう。
何かあっても自己責任ってことで。

うん,それしかないよね。
素材が同じなら,洗って,保存すれば,あと1日くらい使えるはず。
普通に洗って保存するタイプのコンタクトを使っていたこともあるから,
お作法は知ってる。

思い当たるドラッグストアに行ってみたものの,すでに閉まってた(泣)
ダメ元でコンビニに行ってみた。驚いたことに,
1日使い捨ての,洗浄・保存液と保存ケースが100円弱で売っていた!
いやあ。すごいものがあるんだねえ。

で。1日使い捨てレンズを1日使った後,
洗浄して,保存して,翌日も使ってみた。

大丈夫だった。(たぶん。)

さすがにだからって,いつもそんなことしようとは思わないけどね。
あくまで緊急時の対応としては,ありだったという話。

※危ないかもしれないことだから,絶対に真似しないでくださいね。


追記を閉じる▲

【2016/03/19 22:16】 | 雑談
トラックバック(0) |
確か2年前のお正月くらいに読み始めた小説を
久しぶりに開いてみた。(いつ読み終わるんだか…)
主人公の刑事裁判が始まるくだりにさしかかった。

裁判官が、被告人に黙秘権の告知をした後に、
「法廷で嘘をつくと偽証罪に問われることがあります。」と。

…いやいや、それはないから。
偽証罪は、「法律により宣誓した証人」が虚偽の供述をしたときに
成立する犯罪(刑法169条)。

裁判を注意深く傍聴しないと気がつかないかもしれないけど、
そもそも被告人は「証人」じゃないし,「宣誓」もしない。
「良心に従い真実を述べ~」という「宣誓」をするのは、「証人」だけ。

だから、あえてざっくり言うと、被告人は、自分が犯した罪について
嘘を言っても「偽証罪」には問われない。
なぜなのか。
ということを突き詰めると、法律以前の話になるから書かないけど。

けど少なくとも、だからって被告人が嘘を言ってもいいと私は思わないし、
弁護人の立場で、嘘だと知った上で弁護することはできないし、しない。
(言いたくないことは言わなくていい。それは被告人の権利。
黙っていることと、積極的に嘘を言うことは、明らかに違う。)
究極的には、そういうことになれば解任してもらうしかない。
(幸いにして、今のところそういう経験はないです。)

なんてことを書いたきっかけになった小説は、
なんかもう、その先を読む気がしなくなってしまった。
職業柄たまたま知っているに過ぎないことだけどね、
「そんなわけないでしょ」って描写に気づくと(テレビドラマや映画もそうだけど)
一気に醒めてしまう。

文学作品的なものに、リアリティーを求めることが無意味だということは
もともと文学部演劇科出身の私はよくわかっているつもりで、
そういう意味では、弁護士という職業に就いて、何かひとつ楽しみを失ったのかも、
などと思ったりもする。
この小説を買ったのも、刑事事件の話だったからではない。
単行本の帯に書かれていた、主人公の生い立ちに興味を持ったからだったのに。


追記を閉じる▲

【2016/01/31 21:08】 | 雑談
トラックバック(0) |